「葛の花イソフラボン」として機能性表示食品登録されているのは、2017年3月時点で26商品。

その中から私が選んだのは「シボヘール」。理由は、

  • サプリでがっつり摂りたかった
  • コストが安かった
  • 口コミで人気だった

というわけで、実際に試してみましたのでレビューいたします。

シボヘール

シボヘールってどうやって届くの?

では、まず注文してから届くまでを見てみますね。

家に届いたときに「脂肪を減らす!」とか書かれてると、なんだか恥ずかしいですよね。ご家族に見られるとやっぱり居心地が悪いものです。

その点、シボヘールは心配ありません。

すっきりした包装です。「脂肪が~」なんてことも書かれてませんし、緑ベースのさわやかな包装です。

これなら「何か変なモノ頼んだんじゃないかしら?」なんて怪しまれることもないですね。

中身はこんな感じです。

シボヘールの味は?香りは?飲みやすい?

まず、香りですが臭くはないですが無臭ではないです。ほんのりハーブの香りはしますが、どちらかというと「丸薬」に近いイメージですね。

正露丸のように、周りを圧倒するほどの臭いではありませんのでご安心を。

鼻を近づけてクンクンすると「あー丸薬だな」って思う程度の香りの強さです。

味も「丸薬」って感じですね(笑)。こちらも、飲みづらいというほど味は強くなく。

あまりやらないとは思いますが、口の中で粒を転がすと、やや苦味が出てくる感じです。普通に飲みこむ分には気にならない味ですね。

香りも味も、添加物しこたま混ぜればどうにでもなるんですが、シボヘールは添加物を最小限におさえています。

  • セルロース
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 二酸化ケイ素

そのため、どうしても味や香りは丸薬っぽくなっちゃうんですね。慣れると「あー、健康にいいもの飲んでるなー」っていう気持ちになれます(笑)。

最後に粒の大きさですね。大きすぎると飲みこむのも苦労してしまいます。常備している「ミンティアブリーズ」と粒の大きさを比べてみますと、

ミンティアブリーズのほうが倍くらい大きいですね。だいたい正露丸と同じくらいの粒の大きさをイメージしてもらえると良いかと思います。

1日の推奨量は4粒ですが、お水と一緒に飲めば4粒1口で飲めちゃう感じですね。苦もなく飲みこめる大きさだと思いますよ。

シボヘールって痩せる?効果はどう?

まだ使い始めて1週間と時間が経っていませんのでなんともですが、ウエストは2cm減りました。

もともとがヤバかった、っていうのもあるかもですが…。

成分の大半がぶどう糖だったりする従来の健康食品と比べると、国に届け出をしないといけない機能性表示食品は効果に期待できます。

今までスムージーやダイエットサプリなど、いろいろなモノに手を出してきたのですが、一向に痩せなかったウエスト。

特に食事制限や運動をしたわけでもないのですが、一週間でウエスト2cm減ったのは今回が初めてです。

実際に効果が出始めるのは2~3ヵ月経ってから、とのことですので、このままいくと2ヶ月後どうなるんだろう?というワクワク感があります。

まとめ

ダイエットってやっぱり結果を出してなんぼなんだなあ、と改めて思いました。モチベーションが上がります。

糖質制限やウォーキングなど、無理のない範囲でやれることを交えつつ、夏に向けてウエスト絞ろう!と思います。

お腹痩せに困っている方には、最初にオススメしたいサプリに仕上がっていますよ。